photo1

急ぐなら”葵”3店セット

今回は「急いでいる方」を念頭に準備しました。
インターネット用特別“葵”セットです。
もちろん、通常で喪服セットをお探しの方にも最適です。
だって、通常価格から比べれば、破格値ですよ。

しかし、他社のものより安いからといってもご安心ください。
ネット通販用に開発したら、結果的に値段が破格値になったという事です。

価格のことは、後でご説明いたします。

ところで、当社の喪服セット“葵”セットは、単に呉服屋さんで買う喪服セットとは違う点が工夫されています。

これから、それをご説明しましょう。

喪服の選び方

そうです、選び方があります。

photo2

その①「表生地の“織り”を選ぶ」

普通呉服屋さんで購入しようとすれば、生地から説明してくれます。
この葵喪服セットは、当然 絹100%の表地 です。
が、しかし本来この113,000円の価格帯では絹100%はありえない値段です
また、この値段での喪服は どこも裏地が化学繊維のはずです。
しかし、この葵セットは裏地も絹100%です。
「表が絹で、裏が化学繊維」だと、空気の乾燥度合いで絹は伸縮しますので
伸縮しない化学繊維の裏地との間に伸縮の差がでます。
表地と裏地の丈の差が、裾の部分に袋状の“たるみ”を作ってしまうのです。
ところが、この葵セットのように。
「表も裏も絹」だと、一緒に伸び縮みするので“たるみ”はできません。
いろいろと、買いやすいお値段にするための工夫もちりばめています。
普通、関東では、“羽二重(はぶたえ)”という生地を使います。
関西では“三越(みこし)”という生地を使用します。
しかし、最近では関東地方でも“三越”が増えています。
今では、全国的に“三越”が当たり前になっているのですが。

我が“葵”喪服セットは三越生地を使用しています。
それも、重さ900g(仕立て前の反物の重さ)の生地を使用しています。
実は、生地900gという所に秘密があります。
通常のおきものの生地の重さは900gです。
しかし、最近の喪服の生地の重さは1000gです。
これは何を意味するかといいますと「高級品」を指すものとして…
「打ち込みの良さ」や「キメの細かさ」を同じ長さの生地であらわすために、
100g重めにしているわけです。
普通のおきものですと900g以上の重さのものを使うと、
「重すぎで肩が凝る」といわれているのに、
あえて無地のきものに高級感を出すために…
つまり、「意味の無い重すぎる生地」に無理やりしているだけ、
と、業界では言われています。

photo3 100g重めの生地を使い高級感と価格の吊り上げを行うのをやめて、
実際の着心地を採り価格を下げました。
その上で、お仕立ては国内ではなく、
ベトナムの訓練された縫い子を育成している特殊法人を使いました。
本当は仕立て代だけで 喪服・帯・長襦袢 3点で国内5万円以上します。
それを、3分の一程度に下げることができました。
しかし、ちゃんと仕上がり具合を見てください。
決して、国内物より見落とりするところは有りません。
つまり、急がせて仕立て上げたのでは無く、
あらかじめ、ゆっくり時間をかけて完璧に仕立て上げておいたものです。
だから、安くて・仕立ても良い のです。

その②「表生地の“染め”を選ぶ」

かの有名な大島紬と同じ“泥染め”を施しています。
泥染めとは、セリシンがあるため染料の定着しにくい絹生地ですが
泥成分の中にある触媒効果の有る鉄分を使って、
黒色をしっかり定着させた、特殊3度染めを使用しています。
1度ならず、3度黒を重ねることで、
黒がしっかりと出るように手間暇を掛けています。
だから、葬式のような黒の式服の多い中でも、
決して黒色が見劣りしないように『しっかりと“黒”です』

その③「帯を選ぶ」

喪服用の帯のことを「黒供帯(くろともおび)」と言います。
この価格帯ですと、やはり化学繊維ものしかありません。
しかし、葵セットは絹100%です。

その上、夏用と冬用に使えるように、
特殊仕立てを施し、両面使用にしていますので、
この葵セットは、後日夏用か冬用を買い足したときにも、
帯は両方で使えます。
次に、帯柄についてですが、
一般的式服には、不祝儀用の柄というものがあります。
昔から冠婚葬祭のときは、祝儀用の柄と不祝儀用の柄は区別されます。
この葵セットは、不祝儀の代表的な柄である「流水に菊」柄です。
もちろん、特別にご要望のときは他柄への交換もOKですが、
その時は、Eメールか電話でご相談ください。

photo4

その④「長襦袢を選ぶ」

通常おきものの長襦袢は、絹と相場が決まっているものですが、
この喪服用の長襦袢だけは別です。
それはなぜか?というと、
不祝儀の行事は、1年にそう何回もあるものではありません。
それが絹ですと、汗をかいたままの状態で、
いくら陰干ししても、長期間置きますとどうなるか?
当然、黄ばみだけでなく カビ・シミの世界です。

ところが、化学繊維ですと大丈夫。
丸洗いもOKですから、
一回お召しになったら、お宅の洗濯機で丸洗い、
軽く水を切って干して、しまっておいて大丈夫です。
だから、化学繊維の長襦袢にしました。

その⑤「その他小物類を選ぶ」

サービス品として、 喪服用の黒色「帯締め・帯揚げ・草履・バッグ」の4点が付いています。
あと、いるものといったら通常でおきものをお召しになる時用のもの。

喪服の一般的知識

photo5 業界では、最近喪服は黒紋付と呼ばれています。
喪服というのは、イメージ的に暗いからでしょうか…?
何につけても、弔辞の式服として、
きちんとした全国で通用する弔事のご準備として、
心の儀式“けじめ”としての「黒い五つ紋付の無地きもの」が必要です。
この葵セットは、喪服の「きものと帯と長襦袢の仕立て上がり」3点セット
そして、「帯締めと帯揚げと草履・バッグ」が付いています。
実は、おきものには「夏用と冬用」の2種類があります。
注文を入れるときに注意をしてください。
冬用は、10月から6月までです、
従って、夏用は7月から9月までです。
余談ですが、本来は男性と同じように女性でも、
黒という色は弔事だけではないのですが…
最近では、女性の「黒の五つ紋付無地のきもの」は弔事だけのようです。

“葵”セットの特徴

ところで、この黒紋付喪服は、通常 御仕立て上げてお客様にお渡しするまでに約40日から50日もかかってしまいます。
なぜかというと「 採寸→染→紋入れ→御仕立て→後納品配送 」と単純に考えても5つの工程を経て行きます。
しかも、その一工程ごとに配送と梱包がありそのための手間と工程の「人件費と時間」がかかってしまいます。

そこをお急ぎの方用に工夫しました。
安く見積もっても、通常お仕立て上がりお値段を計算すると、
生地代を除いても20万円以上はかかってしまうのが普通です。
その証拠に、呉服屋さんへ行けばそのくらいの価格で出ています。
特にお仕立て代は、きもの言って喪服独特のもので、
通常では、仕立て代だけでおきもの表地30,000円ぐらいします。

わが“葵”喪服店の特徴は、『急に喪服が必要になった女性』のために

  1. ①すぐに間に合う
  2. ② 値段が洋服なみの価格帯
  3. ③ トータルでお客様が安心・満足できる

の《喪服の3つのポイント》として 企画当初から、「考え・情熱を掛け・工夫し・満足できる」ものを創り出しました。

そこで、この注意ポイントを実施していただければ上記《喪服の3つのポイント》を克服できるようになりました。
このことを、よくご理解の上、下記の注意点にご協力をお願いいたします。

[ サイズ ]

事前にサイズ別に御仕立て上がり品を用意しております。 既に掲載してあるサイズ表の中からお選びください。

こちらのカートで、配送先、決済をお選びいただいた後、下記電話番号までご連絡ください。 当方では、 「注文確認メール」「 ①申し込み表 ②入金確認 」の二つを確認の後作業に入ります。 片方だけですと、作業を開始できませんのでご了承ください。

photo6

[ 家紋の決定 ]

ご注文を頂いてから紋を入れます。
紋の事は、少し注意して欲しいのですが、
全国的に喪服の紋は、女紋といって家紋ではありません。
女性だけが、「母親から譲り受けて継承して行くもの」とされています。

従って、喪服の紋を決めるには三つの考え方があります。

  1. ①お母様の紋の「名前かコピー」を連絡する
  2. ②よく分からないので、よく使われている有名な「五三桐」に決定する
  3. ③「あまり気にしないので、自分の勝手で○○○の紋にする」のもOKです

3つの中から、決定してお申し込みください。
葵喪服店 0774-54-7797 サクラマ
お電話いただければ相談に乗ります

[ 支払い ]

ご入金を確認いただいてから、作業に取り掛かります
土曜日・日曜日・祝日は入金を確認できたとしても
作業に取り掛かることができませんのでご了承ください
月曜日(祝日明)からの紋入れ後の京都より発送となります

[冬喪服] 日本一のちりめん産地 京都丹波の三越ちりめん 重目900g使用

type_winter delivery size_table

冬喪服は高級ちりめんとして知られている丹後の三越ちりめんを使用。目付け(生地の重さ)があり、動いても着崩れしにくい素材です。

セット内容

  • 冬喪服(絹100%・900g三越ちりめん)
  • 帯(絹100% 両面帯)
  • 冬襦袢(ポリエステル100%)
  • 冬帯あげ(絹100%)
  • 冬帯じめ(絹100%)
  • 草履(主材:レーヨン)
  • バッグ(主材:レーヨン)
  • 前板
  • 帯枕
  • 腰ひも
  • 収納バック
キャプション
商品名 仕立て上がり冬喪服
価格 ¥113,000(税込)
payment
サイズ
帯の柄 流水菊
紋の柄
そのほかの場合は、コメント欄にお書き下さい。
数量

[夏喪服] 駒絽最高級産地 新潟の五泉駒絽 重目600g使用

type_summer delivery size_table

夏喪服は新潟五泉産の駒呂。絽目が美しく、涼しげなシャリ感があります。シワや縮みが少なく、着姿が美しく映えます。

セット内容

  • 夏喪服(絹100%・600g駒絽)
  • 帯(ポリエステル100% 両面帯)
  • 夏襦袢(ポリエステル100%)
  • 夏帯あげ(絹100%)
  • 夏帯じめ(絹100%)
  • 草履(主材:レーヨン)
  • バッグ(主材:レーヨン)
  • 前板
  • 帯枕
  • 腰ひも
  • 収納バック
キャプション
商品名 仕立て上がり夏喪服
価格 ¥109,000(税込)
payment
サイズ
帯の柄 流水菊
紋の柄
そのほかの場合は、コメント欄にお書き下さい。
数量

[喪服 夏・冬セット] 冬・夏ともに着姿が映える高品質の正絹を使用

type_summer delivery size_table

セット内容

  • 夏喪服(絹100%・600g駒絽)
  • 帯(絹100% 両面帯)
  • 夏襦袢(ポリエステル100%)
  • 夏帯あげ(絹100%)
  • 夏帯じめ(絹100%)
  • 冬喪服(絹100%・1000g三越ちりめん)
  • 帯(絹100% 両面帯)
  • 冬襦袢(ポリエステル100%)
  • 冬帯あげ(絹100%)
  • 冬帯じめ(絹100%)
  • 草履(主材:レーヨン)
  • バッグ(主材:レーヨン)
  • 前板
  • 帯枕
  • 腰ひも
  • 収納バック
キャプション
商品名 仕立て上がり夏冬喪服
価格 ¥198,000(税込)
payment
サイズ
帯の柄 流水菊
紋の柄
そのほかの場合は、コメント欄にお書き下さい。
数量

ショッピングガイド

お支払いについて
■クレジットカード
card
VISA・Master・JCB・NICOS・UC・KC・SAISON・Diners・AMEXになります。
■銀行振込
振込口座
京都中央信用金庫 城陽支店
普通口座 0364472 サクラマトモヒロ
返品・交換について
■お客様のご都合による返品
不良品に限り返品を受け付けております。
ご不明な点がございましたら、お電話にてお問合せください。
■不良品(破損)の場合
万一、ご購入頂きました商品と届いた商品が異なっている場合、また、損傷している、汚れているなどの不良品につきましては、商品到着後、1週間以内にご連絡ください。
※返品、交換にかかる送料は、当社が負担いたします。ご不明な点がございましたら、お電話にてお問合せください。
運営会社
葵喪服店
〒610-0121 京都府城陽市寺田正道25-6
特定商取引に基づく表記
■お問い合せ先
0774-54-7797(平日・土曜 10:00-18:00 / 日・祝・年末年始 は休業とさせていただきます。
お問い合わせフォームはこちら
お届けについて
yamato
ヤマト運輸でお届けいたします。
■送料
無料
■平日ご購入の場合
在庫のある商品を午前中にご注文いただいた場合、即日発送させて頂きます。17時以降のご注文に関しましては、在庫がある場合でも翌営業日の発送となる事がございます。
■日・祝日ご購入の場合
翌営業日の発送とさせて頂きます。
■商品の在庫が無い場合
3週間前後のお時間を頂く場合がございます。ご了承くださいませ。
■配送日時指定
delivery_time
※宅配事情により目安になります
プライバシーの保護について
葵喪服店では、お客様とのやり取りの中で得た個人情報 (住所、メールアドレス、ご購入商品など)を、裁判所・警察機関 等、公共機関からの提出要請があった場合以外の第三者に譲渡 または利用することは一切ございません。どうぞ安心してご利用ください。
葬儀社紹介
家族葬 神戸なら泉翔
寺院紹介
遠方よりお越しの方も多いです。水子供養なら清善寺